2014年05月16日

2014年THE-QS世界大学ランキング、UAはUGMを超え、UIを追いかける

毎年、イギリス教育情報機関Quacquarelli Symonds(THE QS)が世界の大学ランキングの評価結果を報告します。今年度の評価重点は、アカデミック評判(30%)、従業員評判(10%)、学部と学生の割合(20%)、学部の教員による投稿論文数(15%)、国際化(5%)、留学生の人数(2.5%)、学生が外国へ留学する人数(2.5%)です。今年の世界一大学はアメリカのMIT(マサチュセット工科大学)、2位は同国ハバード大学です。アジア一位はシンガポール国立大学、そしてインドネシアの一位はインドネシア大学(UI,アジアランク71位)です。(バンドン工科大学は総合大学ではないので、ここでを別にします)
ここで最も驚いたのは、毎年のように、ガジャーマダ大学(UGM、アジアランク145位)が総合大学として2位でしたが、今年は我が大学アイルランガ大学(UA,アジアランク127位)がUGMを抑えて2位になりました。しかし、様々な項目の中で、さらに驚いたことは、「TOP 10 UNIVERSITIES IN ASIA FOR RESEARCH IMPACT研究成果による影響力アジアトップ10」で、我が大学はアジア1位になりました!!!
しかしながら総合的な項目をみれば、日本や他国の大学と比較にならないレベルです。今年もインドネシアの大学は、「アジア50」の中へ入ることができません。世界トップクラス大学を目指して、これからも頑張ります。





にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村



Posted by MENKOIINDONESIA at 10:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2014年THE-QS世界大学ランキング、UAはUGMを超え、UIを追いかける
    コメント(0)